C0DE


Nexus7(2012)をCyanogenModで延命

FrontPage

_ Nexus7(2012)にCyanogenModを入れる

_ BootLoaderアンロック済、TWRP導入済と仮定します。(ちょっとハードル高い)

  • TWRPというのは、NexusなどのROMを書き換えたり戻したりするツール。
  • まあ、2017年にもなってNexus7(2012)を運用してる、ということは
    • 普通TWRPぐらい入ってるのが当たり前、PureNexus(6.0)ぐらいは突っ込んだことがあるのではないでしょうか。
    • そういうひとはこの記事読まなくても自分で出来るんじゃあ?
  • Nexus7のブートローダーアンロックは、NRT(NexusRootKit)を使う。

_ まず、下記のファイルを入手

Android4.4 CyanogenMod Nexu7(2012)用cm-11-20141112-SNAPSHOT-M12-grouper.zip
Google Apps(Playストアを使えるようにするアプリ)open_gapps-arm-4.4-nano-20161217.zip
  • Nexus7(2012)上でダウンロードすれば、そのままTWRPが入力ファイルにしてくれる。

_ TWRPを起動

  • Nexus7(2012)の電源を切る
  • ボリューム+、−の両方を押したまま電源を入れる。
  • ボリューム+、−を使って、メニューのリカバリーモードを選ぶ。
  • 電源ボタンを押して決定、TWRPが立ち上がる。

_ CM11とOpenGappsを焼く

  • TWRPのInstallメニューを選ぶ。
  • 上記2つのZIPファイルを焼きファイルとして指定して、SWIPEで決定、焼き始める。
  • 再起動するとCM11(Android4.4)になる。

_ 各種注意事項

  • Nexus7(2012)は、なぜかAndroid5.0以上だと異様に重くなるので、それらのROMはどれもお勧めしない。
  • 試した限りではCM11 (Android4.4)のCyanogenModが一番軽い。
  • CM11運用中に、OTAでCM12がダウンロード、アップグレード出来る
  • けれども、それは端末が重くなるので、あまりお勧めしない。


  • 泥5以降から4.4に焼き直した場合は、Wipeで、ユーザーランドをクリアする必要があるかもしれない。(もしROMが起動しない場合は諦めてユーザーランドやdata領域をクリアする)
 
Link: FrontPage(1d)
Last-modified: 2017-02-15 (水) 13:23:15 (0m)