C0DE


AtomZ3735F

FrontPage

_ Diginnos DG-M01IW に Ubuntu16.04を導入してみる

upload/atom.jpg

_ 概要

  • UEFI32限定のStick PCもしくはそれに類する小型PCをUbuntuのサーバーに仕立てる
  • ついでにWiFiルーターとしても機能するようにする。

_ やり方まとめ

(1)

  • まず、Ubuntu14.04LTS 64bit版のisoと、bootia32.efiファイルを入手する
  • 適当なUbuntuマシン(仮想マシンでもOK)を使って、そのisoファイルからインストーラーUSBドライブを作成する。
  • 出来上がったUSBドライブの /BOOT/EFI/ ディレクトリに先ほど入手したbootia32.efiを置く


(2)

  • このUSBドライブを使って、Ubuntu14.04を導入する。


(3)

  • 導入直後のUbuntu14.04は自力では起動しないので、もう一度 USBドライブのgrubを使って、インストールしたUbuntuを起動させ、 grub-boot-ia32を導入する。
  • これによって、自力でブートできるUbuntu14.04が完成。


(4)

  • # do-release-upgrade コマンドで、Ubuntu16.04にアップグレードする。
  • アップグレード直後は、また自力起動しなくなるので(3)と同様の処置を行って自力起動するように変更する。
$ sudo bash
# apt-get update
# apt-get install apt dpkg update-manager-core
# do-release-upgrade


(5)

  • WiFiドライバーとhostapdを導入し、WiFi APとして使用できるようにする。
  • 以下のようなバッチを走らせるか、1ステップづつ手打ちする。
#
# Re: Realtek rtl8723bs sdio adapter
# Ohhh, sorry! I can't give you the answer you expect.

# The process is usually something like this, with a temporary  working internet connection:
# Code:

sudo apt-get install build-essential linux-headers-generic git
git clone https://github.com/hadess/rtl8723as.git
cd rtl8723as
make
sudo make install
sudo depmod -a
sudo modprobe r8723bs
  • もしかしたら、bridge-utils と fakeroot 等も追加で必要になる
  • lsmodしてr8723bsが読まれていたら、ok


(6) hostapdの導入

# apt-get install hostapd
  • /etc/hostapd/hostapd.confを、適当に拾ってきて入れてみる。
# hostapd /etc/hostapd/hostapd.conf する
  • エラーがあればhostapd.confを修正する
  • うまく通信出来たら、# systemctl enable hostapd 等でデーモンを有効にする
  • 以上で終わり。
 
Link: FrontPage(1d)
Last-modified: 2016-12-05 (月) 15:35:46 (71d)