STM8S-D(12MHz Xtal版)用 armon/armboot

ダウンロード:

ソース

内容物:

 X:\>unzip -v armon3000.zip
 Archive:  armon3000.zip
 Length   Method    Size  Ratio   Date   Time   CRC-32    Name
 --------  ------  ------- -----   ----   ----   ------    ----
       0  Stored        0   0%  10-09-28 01:10  00000000  armon/
   23552  Defl:N    11234  52%  10-09-27 13:37  95044314  armon/armboot.exe
   24335  Defl:N     9347  62%  10-09-28 01:06  ae2ae72e  armon/main-3000.hex
  164352  Defl:N    62254  62%  10-09-27 13:37  62ddb02e  armon/armon.exe
    8941  Defl:N     5766  36%  10-09-28 01:10  ffffffff  armon/main-3000.dfu
 --------          -------  ---                            -------
  221180            88601  60%                            5 files

使い方:

 DFU経由で、main-3000.dfuを焼きます。
 ジャンパーを切り替えてDFUモードからアプリモードにします。
 USBを接続して、デバイス認識したら、armon.exe を起動します。

実験方法

(1)こんなスクリプトを書く > script.txt

 echo off
 
 # PB8-15を全部出力
   p gpiob.crh 33333333
 
 label L1
 # PB8-15をLOW
   p gpiob.odr 0010
   p gpiob.idr
   sleep 100
 # PB8-15をHIGH
   p gpiob.odr ff10
   p gpiob.idr
   sleep 100
 loop L1 20

  • gpiob.crhは4ビット単位でポートPB8〜15のディレクションを設定する。
  • 0x4のときは入力 0x3のときは出力。


  • gpiob.odr は出力するデータ
  • gpiob.idr はポート状態を読み取るポート

(2)下線部をDOSプロンプトから入力

 C:> armon -i script.txt
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(3)PB8-PB15が0.1秒単位で20回ばたばたするはずなので、PB8〜PB15にテスターなどを当てる。


Last-modified: 2010-09-28 17:47:07